×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイクロSDカードは正規品が一番です

マイクロSDカードはメーカーによっては最大の五倍もの価格の差があります

。有名メーカーのパナソニックや東芝から発売されているマイクロSDカードとA-DATAなどのマイナーなメーカーが発売しているマイクロSDカードの価格差を見てもらえばわかると思います。このマイクロSDカードの価格差としてはメーカーの正規品とバルク品の違いです。正規品とはたとえば携帯電話ならば、ドコモが使用を推奨しているマイクロSDカードのメーカーならば正規品になりますし、それ以外ならばバルク品になります。マイクロSDカードはできるだけ、高くても動作が安定している正規品を買いましょう^^

マイクロSDとSDカードの最大容量が2GBで同じの理由

マイクロSDカードは通常のSDカードと比べるとサイズが4分の1とかなり小さいのですが、マイクロSDカードの方は2GBと最大容量が同じなので、不思議ですよね。これは単純に現代の技術革新によるサイズの軽量化なのです。

SDカードとマイクロSDカードの最大容量の違いは容量という一点だけ見るとファイルフォーマットというマイクロSDカードを構成している規格がFAT16と決まっているから仕方ないことなのです。まあ、最近では新しい規格が登場することにより4GBのマイクロSDカードなどを見かけることができるようになりましたね。ただ、個人的にはマイクロSDカードは小さすぎるためなくしてしまいがちなので、これ以上は小さくなって欲しくないです(^_^;)

マイクロSDカードよりも小さくなってしまったら確実にメーカーに苦情が行くことでしょうね。ただ、新しい規格の登場によってSDカード自体の容量が増えるということは誰にとってもいいことであるので、このまま技術革新でどんどん最大容量を増やして行って欲しいと思います。

マイクロSDの動向

近年ではマイクロSDカードはデジカメや携帯は当たり前になっていますし、家庭用テレビゲームのWillなんかでもSDカードを使ったデータのオンライン交流なんかも行われていてとても多種多様になってきましたね。

マイクロSDカードは歴史はかなり浅く2005年から登場した製品なのですが、小さすぎて絶対に見失ってしまいそうです。ちなみに、512MB、1GB、2GBのマイクロSDカードを見かけるのですが、最近の技術革新のスピードには驚かされるばかりですね。また、謎な話があってマイクロSDカードはDVDに対抗する商品としてもともとは発売された製品で、どこがDVDと思われるかもしれませんが、マイクロSDのSDはセキュリティデジタルの略なようなのでなんとなく納得できるかもしれません・∀・

今では家電量販店のの一角を占めるほどの製品になっているので今後マイクロSDカードの動向には注目するばかりです。